忍者ブログ

27歳からのモラトリアム記 26歳の終わりに4年勤めた会社を辞め、人生初のモラトリアム期に入りました。これからフィリピン留学とオーストラリアへのワーキングホリデーを計画しています。帰国後に何をするのか全く決めていませんが、どのようにモラトリアム期を締めくくれるか、見守っていただけると幸いです。 2014.10.25 ⇒ 約2年後、カナダワーホリも始めてしまいました(;´∀`)

バンクーバーで職探し。有利なのは?

こんにちは!

日本から、お土産にしよう!と持ってきたわさび味の柿ピーを自分で食べながら書いています!
あげる人いない( ;∀;)

しっかしうまいなー( ;∀;)日本の食文化最高。ホントにホントに。



今日はみんなが気がかりであろう仕事探しについて。

(オーストラリア編はコチラ

ワーホリで来た人が仕事探す際に一番チェックするであろうサイトがJP canadaというサイト。
お家探し編にも出てきました。

日本語での求人が多く、日系のレストランが多いですが、それなりにローカルカフェの募集もあります。

オーストラリアにも似たようなサイト、日豪プレスがありますが、そこではこんなことはあまりなかった気がします。

オーストラリアも多文化ミックスな国と言われますが、バンクーバーはその上をいってます!
英語は第2言語の人が半分以上。

Craigslistという現地の求人サイトでも、「英語でのコミュニケーションに問題ない方」が条件にあがっていたりします。

普通はそんなの前提で書きもしないと思うんですが、それがバンクーバーのようです。

その点でバンクーバーの方がローカルジョブを見つけやすい印象。

また、日本食屋さんの多さも半端じゃない!!!

キッチンハンドで良ければ、英語が出来なかろうとビザさえ長ければ絶対に仕事すぐ見つかります!

そう、大事なのはビザの長さ

カナダとオーストラリアのワーホリの異なる点のひとつとして、「同じ雇用主の下で働ける期間」があります。

オーストラリアは半年、カナダはビザの許す限り無制限

オーストラリアでは、(合法的な)雇用主はワーホリを雇う以上、半年以下で辞めることを覚悟しています。
よって、ビザの有効期限が半年以上あれば、特に不利になることなく新しい仕事を探せるでしょう。

例えば私のビザの残りが半年で、もう一人の候補者のビザが10か月あったとしたら、
経験や英語力をみてどちらを雇うか決めると思います。

しかしカナダではそのような期限はありません。
よって、上記のような状況で2人のうちどちらかが雇われるとしたら、私は圧倒的に不利です。

多少の経験や英語力より、ビザの有効期限が有利に働くことが多いそうです。

なんということでしょう!(;´Д`)

オーストラリアでは、最初はジャパレスで働いて、慣れたらローカルジョブさがそっと☆が出来ましたが、カナダではそうもいかない!

とにかくビザの有効期限が長い時に仕事を厳選するのが良さそうです。

そして、最初の数か月でも学校に行く方は、(めんどくさいのでしょうが)学生ビザでの入国をおすすめします!


参考になれば幸いです!
Twitter(@Midori_tips)でもくだらない現地のことつぶやいてます!

↓イイネボタンたち^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ワーキングホリデー ブログランキングへ



PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear