忍者ブログ

27歳からのモラトリアム記 26歳の終わりに4年勤めた会社を辞め、人生初のモラトリアム期に入りました。これからフィリピン留学とオーストラリアへのワーキングホリデーを計画しています。帰国後に何をするのか全く決めていませんが、どのようにモラトリアム期を締めくくれるか、見守っていただけると幸いです。 2014.10.25 ⇒ 約2年後、カナダワーホリも始めてしまいました(;´∀`)

バンクーバーでのお家探し

こんにちは!

風邪ひいた~(;_:)一番やっちゃいけないやつ~~

時差ボケでちゃんと寝れてないのと、ろくなもの食べていないせい。。調子に乗ってしまった!

まだ引っ越したばっかりでお家の人にも迷惑かけられない、と思うとひどい孤独感!

皆さん渡航の際には体調に十分注意してください!あと、酷い孤独感は絶対一度は経験すると思うので、覚悟してきてください!(笑)


さて、今日はお家の探し方について書きたいと思います!

バンクーバーでは、1か月のオウンルーム(1人部屋)の相場は400~700ドル。

私は600ドル以下で探していました。

日本人のワーホリの人に最も使われているのが「JP Canada」というサイトだと思います。

このサイトだと、高確率で日本人とシェアすることになると思います。
もしくは過去に日本人に部屋を貸したことがあるオーナーのお部屋。

初ワーホリだと、意識高く、日本人が絶対いないところ!と思いがちですが、ルームメイトに一人でも非日本人がいれば自然と英語でコミュニケーションとるようになるし、そんなに思いつめなくても…と今の私は思いますね(´ー`;)

比較的引越しまでの時間に余裕がある方は、このサイトで十分見つかると思います。

私の場合は、引っ越しまで4日くらいしかなかった(オーストラリアだとみんなこんな感じだったんですが、カナダではそれは難しいと多方に言われ、結果焦ることになった^^;)ので、JP Canadaではなかなかいい条件のものがありませんでした。

そこで利用したのが「Craigslist」というサイト。
全部英語のサイトですが、そんなに気負うことはないと思います。

バンクーバーは移民の国なので、みんなESLスピーカーになれているなーと感じます。

偶然かもしれませんが、こっちのサイトは「いつでも入居可!」が多かった気がします。
(おかげで無事ベストな日程で引っ越すことが出来ました!)

サイトに載っていたメールアドレスに簡単なプロフィールと、
いつ頃入居希望かを書いてメールを送ると、数時間後に、今日見に来れますか?というような返信が。早速見に行くことに。

そしてなんと1件目の見学で決まりました!なんてラッキーだったのでしょう!(*‘∀‘)

お家見学って長引くと結構めんどくさいんですよね。どこで妥協すればいいのかわからなくなるし。交通費もかかるし。体力も精神力も奪われる。

なので帰りはルンルンでティムホートンでお茶しました。ひとりで。笑

ルームメイトがいてわいわい、というのも良かったのかもしれませんが、シェアハウスというよりはホームステイに近いような形で住むことにしました!

今のところ快適で満足してます!^^


上記サイトを利用する際の注意として、相場より随分と低いレントでとびっきり綺麗なホテルのような写真を載せているところ(しかも立地も最高だったりする)はまずアウトと思ってください。笑

たぶんURLが送られてきて、セキュリティの都合とか言って登録作業をさせられますが、お部屋の賃貸にはつながらないと思います。笑

その他で言えば、バンクーバーには日本のエージェントのオフィスがたくさんありますが、そちらでも割と仲介料無料でお部屋を紹介してくれていたりします。安心感満点ですね!

是非チェックしてみてください!

お役に立てば幸いです!ではまた!

↓イイネボタンたち^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ワーキングホリデー ブログランキングへ



PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear