忍者ブログ

27歳からのモラトリアム記 26歳の終わりに4年勤めた会社を辞め、人生初のモラトリアム期に入りました。これからフィリピン留学とオーストラリアへのワーキングホリデーを計画しています。帰国後に何をするのか全く決めていませんが、どのようにモラトリアム期を締めくくれるか、見守っていただけると幸いです。 2014.10.25 ⇒ 約2年後、カナダワーホリも始めてしまいました(;´∀`)

とにかくネイティブと話したかった私がしたこと

こんにちは!

ワーホリって、行けば現地の友達出来ると思いますよね。


正直、そうでもないです。笑

びっっくりするくらい現地の人とは関わらずに生きていけます。

私はオーストラリアで1年過ごしましたが、
ジャパレスやファームで働いてる限り、職場では出会えないし、
お家探しにしても、なぜかなかなかないんですよね、オージーとシェア。
(できても、だらしなくて嫌になるとも聞く(笑))


結果、一歩譲って台湾人や韓国人と仲良くなる、というのがワーホリあるあるで、それも楽しいんですが、「なんでここにいるんだろう」にまた襲われるんです。
(オーストラリアにいた1年で100回くらい襲われたこの感情。。。)


Facebookのコミュニティに登録はしたもののなかなか一人ではミーティングに参加できず、

ランゲージエクスチェンジサイトで知り合った人ともなかなかうまくいかなかった私が、もっと早くやればよかったと後悔するもの、

それは

Tinderです。

Tinderとはいわゆる出会い系アプリのようなもので、次々出てくる顔写真に良し悪しをつけていくんですが、お互いが良しとした場合(マッチと呼ばれる現象)にのみメッセージが送れるようになるというシステムです。

私も結構前から存在は知っていたものの、「出会い系」となると手を出しにくく、オーストラリア滞在終盤までためらっていました。

しかし、オーストラリアでは普通に(やましい感じではなく)みんな登録していて、旅行に行った際には地元人におすすめスポットを聞ける(あわよくば案内もしてもらう)ツールとして使います。

このアプリを使って、実際にとてもいい人たちに会えたし、ネイティブならではの表現も学べました!
そして意外とランゲージエクスチェンジ目的で使ってる人もいて、貴重な日本語学習者と仲良くなれました。

でもこのアプリでセフレ探ししてる人もいるのも確かなので、気をつけましょう!

私が気をつけてたのは、

・出来るだけメッセージのやり取りを多くしてから会う。
次の日空いてても、1週間後とかしか空いてないことにして、その間ちゃんとメッセージを続けられる人じゃないと会わない。←※既にかなりしぼられるw

・いきなりお酒飲みに行かない。第一回目は明るい時間にカフェで会う。

・自分の知っている場所、公共性の高い場所で会う。

・車には絶対乗らない。

・プロフィールに英語学習者であることを明記する。

そんな感じです!

とりあえずメッセージのやり取りだけでも結構勉強になりますよ!^^

女の子の場合、たくさんの人からメッセージ来ると思うので、厳選しちゃって大丈夫です!w

無理して会わないこと(^◇^)


参考になれば幸いです!

では!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ワーキングホリデー ブログランキングへ



PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear